舞浜徒然日記

ディズニー関連のことを徒然と綴る思い出日記。
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月

お正月のディズニーごはん


我が家は鏡餅も飾らないし、御節も作らない。
いつもだったらお雑煮くらいは作るんだけど、今年は年末年始が結構ツメツメで仕事になってしまったので、ちょこっと餅を焼いておしまい。


それだけなのも寂しいので、コンビニで売ってたディズニー餅を買って、お仕事の休憩中に、お吸い物の中に入れて「即席お雑煮風」にして食べました。


ミキミニの絵柄がついてて可愛い(*^ω^*)
この後、レンジで温め過ぎてマグマのようにボコボコと沸騰する運命を辿るお餅たち。





今年は戌年ということもあり、去年ほどガツガツしておりません。限定メニューもお正月グッズも眺めて終わる感じ。ショーパレも見るかな?
お正月期間中、パークに行ける条件は去年よりあるんだけど、寒さに勝てるかどうか。←



そんな中ではありますが、ドリーマーズのアフタヌーンティーセットは食べてきました。(*^ω^*)
年末の混み出す前のタイミングでしたけど。







このドリーマーズに向かうまでのウダウダが酷かった。

パークに来てみたは良いけど、イベントも無いし、グリとかレギュラーショーとか、やりたい事がないわけじゃ無いんだけど、飛び抜けてやりたい事がなくて、自分のとる行動に迷走していたんです。

そもそも舞浜駅を降りたとこから、ランドとシーとどっちに向かえばいいのか分からなくなる始末。

ミニオも観たいし、ドゥーパーも観たいし、BBも観たい。

ミトミも行きたいし、サルアミも行きたい。(あんまりウッドチャックという選択肢は無い)
なんならトレミニ(※お着替え狙い)も行きたい。

あ、そうそう。ティモンにはかなり会いたいです。でも、私の中で一番観ているディズニー映画って多分ライオンキング。3ももちろん観てるからティモンへの思い入れ…というか、ティモンのキャラクターが大分確立しておりまして。
パークでキャラに優しくして欲しいけど、ティモンにはあんまり優しくされすぎると嫌だなー。というか万が一、スマートにチャラかったら、きっとガッカリしちゃう。まぁ、ティモンはティモンとして遊びに来てくれてると思うんですけどね。考えすぎなだけで。


とかね。

なんやかんやウダウダ考えてる内に思考迷子ですわ。



結局BBBを見ることにしたのと、その結果ミッキーの膝が素晴らしくて、観て良かったなーと思ったし、ループもするくらいだったんで、トータルオッケーだったんですけどね。



うだうだ悩んでた時に、ふと「ちびりすさんと舞浜ゴハンしましょうねー」って約束していたのを思い出して、急遽お誘いをかけることにしました。

なんやかんや、パークってディズニーを満喫しに行ってるのも大きいけど、友達に会える場所って位置付けもかなりある。
どストライクなイベントがないと、お友達時間の方が優位になるのかもしれません。

なんせ、こっからは冬季うつゾーン。
約束がないと、ひたすらお布団グリしてるので、誰か私のことを連れ出してください。





と、なんやかんやでドリーマーズに到着。

アフタヌーンティーセットの残りもあったし、ラウンジには待ち時間なしで入れたし(*´ω`*)



シャンパン付きにして乾杯╰(*´︶`*)╯♡




チデちゃんが太鼓を叩いてる。(味は?)




私は大概、季節のスコーンよりも、プレーンの方が好きです。←




湯葉のなんちゃらは美味かった。湯葉好きだから。


…なんて適当な食レポ書いてたら、ちびりすさんがちゃんとメニューの詳細を記録しててくれました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
アフタヌーンティーセットのメニュー






デザートのお正月感。可愛い(*^ω^*)






私はいつもこのタイミングでキャラのプレートを集結させる。(食べ物で遊ぶのはやめましょう)

ちゃんと、美味しく全部いただきました。



お正月イベントもあと2日。

もう少し雰囲気を味わえるかなー?

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

のえ

Author:のえ
2014年に年パ セカンドデビュー
BBBが大好きでシーの単パス持ちでしたが、グリの楽しさに目覚めて夏からの両単持ちを経て、ただ今 共通年パでパークを満喫中。

主にアヒルとネズミの事を書いていく思い出日記です。
BBB覚書にもなっています。

コンデジ動画からの切り抜き写真多め。

何の情報もありませんが、もしも琴線に触れる方がいましたら、仲良くしてください。
よろしくお願いします。

Welcome
検索フォーム
QRコード
QR