舞浜徒然日記

ディズニー関連のことを徒然と綴る思い出日記。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

ミッキーへ特大の愛を♡

バレンタインは、ミッキーにも何かあげようと思ってたんですけど、どうせなら女子複数名でハーレム状態をつくりたいなぁ…という野望が生まれたのが1月なかば。

まとまって行けるのが5人だったので、5人分の思いを形に表したい!!!と、夜中の変なテンションで作成したのが……


超特大ハート





できあがった瞬間から思いましたよね…。



やりすぎた……。




ドナ誕の時に、悪目立ちすることは、もうやめようと思ってたのに。
学習しないヤツ←



ちなみに、これ6分割してマジックテープで合体させられるのです。

当初の予定としては、それぞれがハートを持ち寄ってミッキー大好き~♡ってしてから、おうちカメラのタイミングで合体させて、ミッキーへ5人分のハートだよ♡って見せる予定でした。


でも、昼間に私が持ち歩いてる間にボロボロになりまして(爆)

その場で合体とか、もはや不可能な状態に。


なので、ミトミに入った時から組み立てた状態で持ち歩いてたんですけど…。



まぁ…。



キャストさんから心配されますよね(爆)



主に確認されたのは
・それはミッキーに持たせるのか
・ミッキーの体を隠すのか
の2点……だったと思います。


あんまり大きな物で、キャラの顔とか体とかを隠しちゃうのはNGらしいです。

「場合によっては撮影できないことも…」あるそうで。


まぁ、ミッキーに このハートさえ見せられれば最悪お写真はなくてもいいや!と思って、いざスタジオに突撃。



あ、隠しきれないけど、
頑張って丸めて、ミッキーに見つからないように持ち込みました。
(でも、多分…。スタジオ内には事前に連絡行ってたかもしれない。)



まずは、みんなで一緒にお写真撮影♪

ミッキーから、両手パーのポーズ指定(*´艸`*)
ミッキーに言われたら、なんでも従っちゃう♡笑


さ!特大ハートの出番です。

ミッキー(とキャプさん)の反応を若干心配しつつ。



「昨日、バレンタインだったでしょ?」



「私たち、ミッキーにハートを届けに来たの」


ミッキー…


指差して笑ってました。
(笑うしかないともいう…)




ハートフレームの中に収まるのが、私たちゲストなら…ということで、なんとか撮影。

ポジとりに、かなり手間取ってしまい、ミッキーやキャストさんたちには本当にお手数をかけました、(。>д<)




でも…。




こんな感じで、ミッキーも楽しげに写ってくれた☆



「これ、私たちの気持ちなんだけど、受け取ってくれる?」


重そうに受け取ってくれるミッキー♡


…実際に重かったと思います。私たちの相手をするの(^_^;)

そして。


受け取ったはいいものの…


両手を塞がれて戸惑うミッキー…



見かねたキャプさんから
「このままじゃ、お見送りできないから、預かるよ~」とお声かけ。




重いよ~ってしながら、渡してました。


バイバイするミッキーに
思わず

「気を使わせてゴメンね」という声をかけてしまうほど、ザワザワしたグリ。


ホントは…

ミッキーにハートをあげて、みんなでチュウしてもらうのが目標だったのに、全然 甘い雰囲気にならなかった(´Д`|||)

え?自業自得ですか?



……ソウデスネ。

今後は、自重したいと思います。











でも。

楽しかった~(о´∀`о)←オイ!



でも、でも…。

戸惑うミッキーは大好物だけど…、嫌われたくないから…。
もう、やらない。


いや、ホントに。
キャストさん「コイツら、何すんだ…?」って思ったとおもうんですよね。あの時のミトミ担当だったみなさん。不安にさせてスミマセンでした。こんなムチャグリは今回限りとしたいと思います。
















…多分ね?
スポンサーサイト
【 2015/02/20 (金) 】 グリーティング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

のえ

Author:のえ
2014年に年パ セカンドデビュー
BBBが大好きでシーの単パス持ちでしたが、グリの楽しさに目覚めて夏からの両単持ちを経て、ただ今 共通年パでパークを満喫中。

主にアヒルとネズミの事を書いていく思い出日記です。
BBB覚書にもなっています。

コンデジ動画からの切り抜き写真多め。

何の情報もありませんが、もしも琴線に触れる方がいましたら、仲良くしてください。
よろしくお願いします。

Welcome
検索フォーム
QRコード
QR