舞浜徒然日記

ディズニー関連のことを徒然と綴る思い出日記。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

熊本地震をうけて考えたこと


仕事終わりのコーヒーブレイク。

なんでもない日常だけど、それすらままならない人達がいる事に胸が痛い。


今回の震災でお亡くなりになった方のご冥福と、これ以上の被害が広がらないことを祈るばかりです。




自分にできる事ってなんだろう…と考えるけど、3・11の時の教訓からも現場の受け入れ体制が整うまでは、闇雲な物的・人的支援も混乱を招く原因になったりするんですよね。

ひとまず現金支援で、次の手が呈示されるのを待とうと思っていたら、熊本市が保存食、紙おむつなどの支援物資の送り先を公開したみたいです。


ただ、物資を送るにも交通事情が伴わないと…。良かれと思って宅配業者に荷物を届けられても、受付できないと断ることもあるそうです。
業者さんだって悪意で受け付けない訳じゃないのに、気持ちのすれ違いから罵声を浴びせられることもあるみたいで…( ;∀;)


みんなが何かしたいと思ってるのに、うまくたち行かない現状がもどかしい。


お互い、気持ちを尊重しながらできることを探して行きたいものです。


とりあえず、物資を送る際には業者さんにもその条件があるのか確認しましょー!!!







っていう、一応情報提供はここまで。





あとは個人的な想いをつらつら。



そんなの、どーでもいいよ!って思われそうな中身ですよ。…と予防線を張っておく。






私自身は九州地方に直接の知り合いはいないけれど、お友だちの何人かは実家がそちら方面の人もいるので、みんなが悲しい想いをしないといいなと思ってます。

そういう事をあんまり声かけすぎてもウザがられそうなので しませんけど。心の中では心配してますよ…という、めちゃめちゃ私信にブログを使ってすみません。



しかし。


私の理想のスタンスはテレビ東京なんですよ。



あの地震発生の日でも予定通りの番組を放送しきる感じ。テロップは流すけど番組の予定変更なんかしないぜっ!


みたいな。




実際、非常事態の時に感じる『日常』って大事だと思うんですよね。

3・11の時も私が拝聴しているラジオ番組が通常放送をボチボチやりだしたくらいに被災地の方から『こうやってラジオを聴いて笑うことができて嬉しい』って投稿があったのが、ものすごく印象的だったんです。


現場では色々と我慢を強いられる事も多いと思うし、現地に縁のある人は心配でいてもたってもいられない…って気持ちにもなると思いますけど、それでもやっぱり、人が生きていくためには生きるための活力が必要だと思うんですよね。


日常の何気ない楽しみとかって、とっても大事にした方がいいんだと思うんです。



ってことで。



ネットの僻地で細々とやってる当ブログですけど、何人かは面白がってくれてるようなので。その中には九州地方出身の方もいるので。



直接の被災地支援にはほど遠いですけど。



縁のある方々の気分転換になればいいなぁ~ってくらいな気持ちで、しばらくは更新をこまめにしていくつもり。

ちょうど仕事のヤマを越えたってのもあるし。
(決して、ふざけた中身で投稿しているのを“不謹慎だ!”なんて思われないための言い訳ではないですよ!?←)




まぁ…、

こんな事ウダウダ書いてる時点で、テレ東には遠く及ばないんですけどね。



くだらないブログを読みたい気分になったら覗きに来てくださいな♪って感じで。

短めの日記になりますけど、ちょいちょいアップしていきます。












…っていうのと。






こっからは、もう少し込み入った話。

私の政治感が色濃く出ます。


そういう話が苦手な人はスルーでお願いします。






そもそも、被災地支援て年単位で考えなきゃいけない課題。
東日本の事だって、いまだに解決してないことが山積みになってる。


その一端が原発なのは明白なのに。




これだけ地震が続いてる中、稼働してる原発を止めないとか!


A○Eさーん!頭ダイジョーブ???!!!



テレビのテロップに“川内原発に異常は認めません”って流れる度に腹だたしい!!!


異常を認めてからじゃ遅いんだよ!!!!!!!!!



救援物資すらまともに送れない状況なのに、九州から避難しないといけない状況になったら、どうやって手を打つつもりなのかね???



国民が少しでも安心して生活できる環境を作るのが政府の役目なんじゃないの?

被災地支援だって、具体的にどういったことが求められているのか国が旗をふって現地調査して情報提供したっていいじゃん!



私自身は職場が全国にネットワークを持つ職場なので、金銭的にも人的支援でも要請が来たりするんです。それって具体的に自分が何をしたら良いのか分かるからありがたいなーと思ってます。



でも、何かをしたくて、でも何も出来なくて歯がゆい想いをしてる人もいるのかも…って考えて、こんな記事を書いみました。


色んな考え方があるとは思うけど

私自身は、『個人でやれることには限界がある。だから行政の責任を遂行させることが国民の義務』だと考えています。

そのために納税してる訳だし。



納めた税金をこういう時に活用したまえ!!!って思う。とりあえず他の国の軍事政策に首を突っ込んでる場合じゃないぜ!!!(この辺は考え方に異論が出る部分だと思いますが。)




日々のテレビ報道でフラストレーション溜まりまくりなので、ここで発散しちゃいましたけど。





色んな形で私にできることを日々やっていこうと思います。
首相官邸HPの『ご意見』にメール送ったりとか…。それだけじゃないけど。





できる事なら、直接熊本まで支援に行けるといいんですけどねー。


なかなか職場も抜けられるほど余裕がなかったりします。
 


まずは日々のお仕事をちゃんとこなして、しっかりしよう。




時間にしても、気持ちにしても、自分に余裕がないとなかなか人のためには使えないもの。







と、ツラツラまとまりもなく書きました。ディズニーブログの範疇を逸脱してるなーとは感じてますが、何を書くかは個人の自由かなーと開き直ってます。

ここまでお付き合いいただいた方がいたらありがとうございました。


次からは平常モードで舞浜日記再開します。
スポンサーサイト
【 2016/04/19 (火) 】 徒然 | TB(-) | CM(2)
九州の地震、なかなか収まってくれる気配の無いのが、本当に心配であり、また被災されたみなさんの胸中を、体調を想うとお気の毒でなりません。
またいつ何時自分達がその立場になるかわからず、それを思えば対応の遅れ、為政者の言動、全てが不安材料になる毎日です。
もっと過去の経験から学ぶべきであり、少なくとも水、安全な避難場所の確保は、ことが起きた一両日中には被災者に提供されて然るべきだと思うのです。各首長はそのために居るのではないのでしょうか。
権限はそのために与えられているのではないのでしょうか。
それとも期待する方が間違っているのでしょうか。


どりーまーずラウンジで師匠とお話したいことが増えていくばかりです。
楽しい愉快なことだけを語り合える未来であってほしいと、切に切に願います。
【 2016/04/19 (火) 】 編集
弟子さん♪
本当に。度重なる余震や避難生活そのものが大変なのに、そこから更なる被害が生まれていることに胸が痛みます。

天災が起こることは防げませんが、人災は防げるはず。過去の教訓から活かされてることも多いですが、今一つ行政の動きかたに反映されてないように感じるのは私だけですかね。

共助ばかりにフォーカスがあたる報道にも疑問を感じます。もちろんそれも大事ですけど、もっと迅速な公助の動きを見せてほしいですよね。

お気楽なことばかりを話していられる世の中でありたいものですが、いつになることやら。ドリーマーズで色々と話し込んでしまいそうです。
【 2016/04/20 (水) 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

のえ

Author:のえ
2014年に年パ セカンドデビュー
BBBが大好きでシーの単パス持ちでしたが、グリの楽しさに目覚めて夏からの両単持ちを経て、ただ今 共通年パでパークを満喫中。

主にアヒルとネズミの事を書いていく思い出日記です。
BBB覚書にもなっています。

コンデジ動画からの切り抜き写真多め。

何の情報もありませんが、もしも琴線に触れる方がいましたら、仲良くしてください。
よろしくお願いします。

Welcome
検索フォーム
QRコード
QR